日焼け後の適切な対処法は、何よりもまず冷却と保湿の二点が挙げられます。

日焼けをした時はアフターケアが大事!

MENU

日焼け後の対処法

多くの女性にとって紫外線による日焼けはお肌の大敵として認識されていますが、時にはついうっかり日焼けをしてしまう事もあるかと思います。
どんなに注意していても完璧には防ぐ事が出来ない紫外線ですが、夏の暑い時期にうっかり日焼けをしてしまった場合は必ず「適切なアフターケア」を行う事が大切です。

 

日焼けとは太陽からの紫外線を浴びる事によって皮膚内のメラニン色素が増え、色素沈着が起こる事を指します。
紫外線を浴びた直後はお肌が赤くなる「サンバーン」と呼ばれる症状が現れますが、数日ほど経過すると今度は素肌の色が黒くなる「サンタン」と呼ばれる症状へと移行します。

 

サンタンとは色素細胞がメラニン色素を大量に生成し、お肌が色素沈着を起こした状態のことです。ここで生成されたメラニン色素はお肌のターンオーバーによって時間の経過と共に減少していきますが、紫外線を大量に浴びてしまった場合は一部の色素細胞が繰り返しメラニンを作り出してしまう状態に陥る事があります。この色素細胞の活動の影響で日焼け後にお肌が落ち着いても一部では色素沈着が繰り返され、シミやそばかすが出来てしまうのです。

 

日に焼けてしまった後の対処法には幾つか挙げられますが、日焼けをしたらすぐに美白ケアを行う事だけは避けた方が無難です。

 

日焼け直後はお肌が軽い火傷を起こした状態なので、お肌のバリア機能が衰えたまま美白ケアを行うと赤みや炎症といった肌トラブルを引き起こしてしまう恐れがあります。

 

日焼け後の適切な対処法としては、何よりもまず「冷却する事」「保湿を行う事」の二点が挙げられます。

保湿

 

日焼け後のお肌は軽い炎症を起こした状態ですが、冷却を行う事によってその炎症を鎮めることが出来ます。また、日焼け後のお肌は乾燥しやすい状態となっているため、入念な保湿ケアを行うことでお肌を保護する必要があります。

 

保湿ケアには化粧水がオススメですが、肌に刺激を感じるような場合はワセリンなどを利用して保湿するのがオススメです。