敏感肌を健康肌にするにはどうすればいいのでしょうか

健康な肌の仕組みと状態

MENU

健康な肌の仕組みと状態

肌は、肌の表面にある表皮、と中間にある真皮、そして皮下組織と重なっていて、紫外線や、化学物質などの外部から受ける刺激が、体内に侵入しないように守る働きと、不要な老廃物を排出するという働きをしています。

 

肌の一番表面にある表皮は、

  • 一番下に表皮細胞とメラニン色素を生成する基底層
  • その上に肌に栄養を補い続ける有棘層
  • 角質層とともに紫外線から肌を守る顆粒層
  • 水分を保ち、外部からの刺激を防いでいる角質層

という4つの層を皮脂膜が覆っています。

 

表皮を覆っている皮脂膜は、皮膚から分泌された皮脂でできており、水分が蒸散するのを防いで表皮に潤いを与え、新陳代謝を促すという働きをしています
そして、表皮にある汗腺は、汗を分泌し、分泌された汗で老廃物を取り除いています。

 

表皮の下にある真皮には、繊維組織のコラーゲンとエラスチンが網目状に拡がっており、その隙間をヒアルロンサンが満たしているので、肌が常に保湿され、ハリと弾力を保ち、潤いのある肌を保っています

 

基底層では、28日ごとに新しい細胞が作られ、新しく作られた細胞は、有棘層、顆粒層とだんだんに押し上げられていき、角質層で、垢になって自然に剥がれおちていきます。

 

この新陳代謝のシステムが、肌のターンオーバーといわれるもので、健康な状態であれば、28日ごとに肌が新しく生まれ変わることになります。

 

ところが、肌が乾燥したり、体調がよくなかったりというような原因で、ターンオーバーの周期が早まってしまうと、まだ表皮に上がって行けるだけ、育っていない皮膚細胞が表皮に押し上げられていってしまうため、敏感肌という症状が起きてしまいます。

 

十分育っていないため、肌を守る能力が低く、乾燥しやすい状態の肌になってしまうので、ちょっとした刺激にも反応して、赤くなったり、ヒリヒリしたりします。

 

従って、敏感肌を治すためには、肌のターンオーバーの周期を正常な周期に戻さなくてはなりません。

 

皮脂膜と角質細胞を失う危険性のあるコスメについて