メイクに対する不安などから出るよくある質問

よくある質問

MENU
 

敏感肌と化粧品のお話

 

 

よくある質問

 

 

Q.自然派化粧品・植物性化粧品・オーガニックコスメは肌にいいの?
A.ひとことでいうと、天然に近いものほど肌につけるとかぶれやすいものです。
天然物は化学構造が複雑なためアレルギーを起こしやすく、腐りやすく、成分的に不安定です。実際に、自然派化粧品やアロマオイルなどでかぶれるケースは多いものです。

 

でも「化学合成品は肌に悪いのでは?」と思う人も多いでしょう。
忘れないで欲しいのですが、化粧品は、農産物ではないのです。もともと工業製品です。
工業製品に自然派を求めるのは無理があります。化粧品の安全が求められるようになったのは食への安全が叫ばれるようになったことと関係があるのでしょう。残留農薬や輸入食品の添加物などの問題が起こってから、自然派やオーガニックコスメがいっそう求められるようになりました。しかし、食べ物を口から吸収するように肌が化粧品を何でも吸収するわけではありません。
食の安全がそのまま化粧品の安全に当てはまるわけではないのです。

 

 

Q.石油系・鉄鋼油・アルコール・バラベン・香料・色素は肌に悪いから避けるべきですか?
A.これらの成分もよく悪者扱いされますが、適量で使用する限りは有害ではありません。なのでアレルギーではない限り避ける必要はありません。「肌に合ってればいい」という度量が大切だと思います。

 

 

Q.大手メーカーと小さいメーカーの化粧品はどちらがいいのでしょう?
A.一長一短です。
まず、大手メーカーのよさは安全性に関して、最低限のところはクリアしています。日本で使用が禁止禁じられている薬品が化粧品から検出されたというニュースがときどきありますが、そういうことは大手メーカーでは通常起こりません。信用第一の姿勢があるので、原料などはかなり吟味しています。また、大量生産しているので効率よくコストダウンできるのもメリットです。しかし、CMに莫大な費用が使われそれが価格に乗っているケースも少なくありません。

 

小さいメーカーの化粧品についてです。
通販だけで売られている化粧品や、エステティックサロン、クリニックでのみ販売されている化粧品などがこれにあたります。これはその会社の姿勢がいろいろなので一概にはなんともいえません。高濃度の美白化粧品などの効果を狙った個性的な商品もあるようです。ただし、安全性に問題のある成分が使われていたり、広告と内容が違っていたりなどのトラブルも時にはあるようです。

 

今ではネットワーク販売が主流になっているので、そういったものは自分できちんと確認することが大切になります。