敏感肌の人は肌の為にもスキンケアの成分表示を確認することが大切です

成分表示を確認する方法

MENU

成分表示を確認する方法

 

スキンケア用品に配合されている石油系の成分が肌や体に悪影響を与える恐れがあるという知識が消費者に広まった為、数年前から自然派天然由来というようなコピーを良く見かけるようになりました。

 

それでは、このようなコピーをつけている化粧品は、石油系成分が一切使用されていないかのような雰囲気がしますが、実は石油系成分が使われている製品がほとんどです。

 

安全なスキンケア用品を選ぶ為には、宣伝の為のコピーに惑わされず、成分表示を確認することが大事です。

石油系合成成分が全く使われていない製品は、ほとんどありませんが、その種類や量によって肌に与える影響は変わります。

 

成分表示を見ると、たくさんの成分名が並んでしますが、その順番は配合されている分量が多い成分から順に表示されています。

 

コピーにある天然成分が最後にあり、石油系合成成分が始めの方にあれば、石油系合成成分の多い製品で、表示の始めの方に並んでいる成分名が天然素材のもので、合成防腐剤などの表示が最後の方に並んでいるのであれば、天然素材をメインに使った製品ということになります。

 

ただし、その製品が、化粧品ではなく、医薬部外品であれば、化粧品メーカーが強調したい成分から表示されていることもあります。
化粧品の表示は、分量順にすべて表示しますが、医薬部外品の場合は、すべて表示する絵訳ではなく、強調したい成分を表示するのです。
配合されている有効成分の効果が認められている医療を目的としたとする医薬部外品と、美容を目的とする化粧品の中間にあるのが医薬部外品で、薬用化粧品などが医薬部外品に分類されます。

 

表示成分を見ても確認できない成分もあります。

香料キャリーオーバー成分です。
香料は、何種類か配合されていたとしても、一つ一つの成分名は表示されず、香料として表示されます。
また、原料の植物に、残留農薬などの化学物質が混ざっている可能性のある場合も、キャリーオーバー成分とされ、表示されません。

 

表示を見てもすべてを確認できるわけではありませんが、ある程度は確認できます。
さらに、化粧品メーカーのホームページを見ると、それぞれの製品についての詳しい成分表示が掲載されていることが多いので、そちらも確認しましょう。