ノンケミカル(紫外線散乱剤)を含む日焼け止めを選びましょう。

敏感肌にも使える肌に優しい日焼け止め

MENU

肌に優しい日焼け止め

一般的に肌が外部からの刺激によって赤くなったりピリピリとした感覚に陥る症状のことを「敏感肌」と呼びますが、こうした敏感肌の人は紫外線対策として利用されている日焼け止めを使った場合にも敏感肌の症状に悩まされることがあります。

 

そのため、最近では各メーカーから敏感肌の人でも安心して使える「肌に優しい日焼け止め」が数多く市販されています。

 

敏感肌の人がそういった日焼け止めを選ぶ場合、まずは「ノンケミカル」の日焼け止めに限定して選ぶことが大切です。

 

ノンケミカルとは紫外線を物理的な力で弾く紫外線散乱剤を含む日焼け止めのことを指しますが、このタイプの日焼け止めであれば敏感肌の人でも安心して使うことが出来ます。
ノンケミカルの日焼け止めの特徴としては、白浮きし易いというデメリットはありますがお肌への負担が少なく低刺激で済むというメリットも存在しています。

 

また、日焼け止めを選ぶ際には敏感肌にも優しい低刺激の製品を選ぶ為に「無香料」「無着色」「アルコールフリー」の日焼け止めを厳選する事が大切です。

 

また、防腐剤フリー無鉱物油石油系界面活性剤フリーといった条件を満たしている日焼け止めを選ぶ事で敏感なお肌に負担を掛ける事なく紫外線対策を行うことが出来ます。

 

ちなみに日焼け止めは汗をかきやすい夏場などではすぐに流れ落ちてしまうため、なるべく塗り直しを行うように心掛ける事も大切です。

 

特に紫外線が強い夏場の間は2時間置きくらいに日焼け止めを塗り直し、敏感肌に負担やダメージを与えない為の措置が必要不可欠です。
また、たとえ肌に優しい日焼け止めを塗っていてもそれを洗い流す際には細心の注意を払い、お肌に負担を掛けないように摩擦をかけず洗い流すことが大切です。

 

また、お湯の温度は30度くらいのぬるま湯を使うとお肌への負担やダメージを最小限に抑える事が出来ます。

>>日焼け後の対処法はこちら!