自分の身体のリズムを知り生理前対策をする

生理前対策をする

MENU
 

敏感肌と化粧品のお話

 

 

敏感肌の大敵、生理前対策

 

 

 

 

初潮がきてから閉経するまで、女性ホルモンの分泌バランスは年々変化し続けます。
肌にも大きな影響を及ぼすこの女性ホルモンは、大きく分けると 「黄体ホルモン」と「卵胞ホルモン」の2種類になります。黄体ホルモンは生理の前に分泌されます。
皮脂分泌が増えてニキビができやすくなったり、シミができやすくなったりします。
むくみやイライラの原因も、この黄体ホルモンが影響します。
この時期、肌は普段より敏感になっているので美白などの積極的なお手入れは控え、最低限の保湿を優先したスキンケアにしてください。
ですが、シミができやすい時期なのでファンデーションなどで念入りな紫外線対策は必要です。

>>メイクにまつわる嘘

卵胞ホルモンは生理のあとに分泌が高まるホルモンです。
肌にみずみずしさを与え、コラーゲンを増やす働きがあります。
肌の若さを保つカギとなるホルモンなのです。 ストレスや不規則な生活などで、これらのホルモンバランスが乱れると、肌の老化も早まります。
女性ホルモンを意識して生活することは、美肌をキープするために大切なことです。基礎体温をつけて排卵周期の確認をするのも、自分の体のリズムを知るうえでよい習慣と言えます。
敏感肌の方は特に、その前後を知っておくことで普段から気を付けているケアをよりいっそう気を付けて生活することが大切です。